近年ではKing&Princeなど若手のジャニーズデビュー組が活躍しているが、一方では2020年内での活動休止を発表したベテランの嵐も負けず人気を見せている。ジャニーズグッズの買取については、わたしの主観では若手のグループよりも年数を重ねたベテラングループのグッズの高騰が顕著に現れていると感じるのだ。

例えば例に出した嵐はコンサートをするたびに数量限定で会場限定のカラーのグッズを発売する、その他に行くことのできないファンからするとそのグッズを現地に行かなくても手に入れられるのならば金額は気にしない…といったところであろうか。こういったファンがどのくらい存在するか、グループの明暗を分けるといっても過言ではない。そのためその需要を認識してか、元の原価よりも高い値段で売りに出す人々も存在する。またそれらの人を仲介する買取業者も高値で買取をするのだ。

ベテランだけでなくこういった現象はどのグループにも存在するだろうが、一方ではグループに不祥事やファンが離れるような出来事が起こった場合に、もちろんグッズの出品数は増加する、そうなると当然買取価格は減少するのだが、嵐はどうなのであろう。今後活動休止を控えた嵐のグッズの価格変動にも注目していきたい。

ジャニーズグッズ 買取

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です